<スカイスポーツと無線>


 このページを作成しようとしてあれこれ見ていたら、
2008年にデジタル簡易無線の制度整備ということが
あったことを知りました。

パラグライダーに乗っている人と地上の人とが無線通信するのに使える無線機
デジタル簡易無線機
(登録局)
資格は不要。登録が必要。無線機の貸借可。通信事項、通信の相手方の規定はなく、自由。上空用のチャンネル(5チャンネル)を使うこと。上空では使えない機種もあるので機種選定は要注意。
(北海道総合通信局のデジタル簡易無線Q&A参照)
特定小電力無線機資格も免許も不要。無線機の貸借可。使用する場所の制限もなし。その代わり、通信距離が短い。
アマチュア無線機資格、免許が必要。無線機の貸借は原則不可。通信事項はアマチュア業務。通信の相手方はアマチュア局。
(無線機貸借の例外 : ゲストオペ運用など)
携帯電話 ← ×実はこれは使っちゃいけないらしい。
基本的に、”陸上”で使うもので、”上空”での使用は想定されていないと聞いたが、ほんと?

※ パラグライダーでアマチュア無線は使えない、と言う人がいますが、これは不正確です。
  アマチュア業務から逸脱した ”講習や教習、イベントの連絡などには使えない” というだけです。

  検索していたら、面白い雑誌の記事が出てきました。これはデジタル簡易無線の制度整備される
 2008年以前に書かれたものですが、2008年に続報も書かれていました。ご参考まで。


  休刊した『FLYAIR(フライヤー)』という雑誌の記事だったのですが、Webからも削除されたようです。



戻る
inserted by FC2 system